研修プランで貸切バスを利用する

貸切バスを利用する場合、基本的にはその内容について申し込みを行う側が考えて、その通りの運行を行ってもらう形となります。しかし、中には目的に合わせてプランが用意されている場合もあり、そういったものを利用することによってより便利に貸切バスの利用ができるケースもあります。ここではそんな貸切バスの利用プランの1つとして、研修プランについて紹介します。

研修プランというのは、会社における社員研修の目的で貸切バスを利用する場合に適したプランとなっています。こういったプランを利用すると、バスの手配を行うだけではなく、同時に研修会場についての手配、宿泊施設の手配、食事の手配なども纏めていってもらうことができるようになります。

そのため、依頼をする側が行わなければならない仕事の内容を大きく減らすことができ、管理を行う側にとってメリットの大きいプランとなっています。さらに、料金面でみても一つ一つを自分で手配する場合に比べて安くなっている場合が多いため、会社の財政にもメリットがある方法となります。

このようなプランである場合、利用することができる宿泊施設の選択の幅が狭いのではないか、という懸念がある方も多いのではないでしょうか。これについては利用するバス会社によって違いがあるものの、バス会社によっては非常に幅広く提携を持っており、利用することができる研修場所や宿泊施設などの選択肢がかなり広く取られている場合もあります。

先に利用したいと思っている研修場所を見繕い、それに対して利用することができるバス会社を探す、というような方法を採るのも良いでしょう。料金面についてもリーズナブルな設定が行われていることが多く、特に東京23区内での利用の場合にはその選択肢が広くなります。

宿泊場所などの施設に関してだけではなく、プランに含まれている食事についても選択肢が広く取られるようになっています。複数の種類のお弁当や飲み物などを用意してもらうこともできるようになっているため、参加する一般社員向けのお弁当や飲み物と、重役向けのお弁当と飲み物を別の物にすることも可能です。お酒の手配もできるようになっている場合が多く、より幅広いプランで研修を行うことができるようになります。

これらの研修プランを利用する場合、それぞれの貸切バス会社との間での打ち合わせが重要になります。どのようなプラン内容となっているのか、利用する場合のメリットがなんなのかを見極めましょう。