貸切バスでのグループ旅行のメリット

グループでの旅行を行う場合、しっかり決めておかなければならないことの1つとして移動手段があります。どのような移動手段を利用するのかによって、旅行の内容も大きく変わることになるためです。ここでは、グループ旅行の際に適している移動手段の一つとして、貸切バスについて紹介します。それでは、貸切バスはどのような点においてグループ旅行に適しているのでしょうか。

貸切バスがグループ旅行に適しているポイントとして、最初に紹介するのは料金についてです。貸切というと高額になってしまうようなイメージがあるかもしれませんが、実際の移動料金はそれほど高額になるわけではありません。比較的安く利用することができる場合が多いのが特徴です。これはプランの内容によっても違いがありますが、他の公共交通機関利用する場合に比べてもリーズナブルな場合が多く、2/3程度の金額で利用できる場合も少なくありません。

貸切バスがグループ旅行に適しているポイントとして、次に紹介するのは「乗り継ぎが必要ない」という点についてです。貸切バスでは事前に行き先とその経路を決定し、バスだけで移動を行うことができるようになっています。

そのため、大人数グループでの旅行の場合に特にネックになる乗り継ぎを行う必要がありません。一度乗ってしまえばドア・トゥ・ドアで目的地まで到着することができるため、ゆっくりと旅行を楽しめむことができるというメリットがあります。

さらに、旅行先の設定が行いやすいというのも貸切バスがグループ旅行に適している点です。多くの場合、旅行においては「目的地」というものが決まっており、そこに併せて他の旅行プランを組み立てていくことになります。貸切バスの場合にはこの点を特に明確にすることができるため、その目的地を最初に設定し、そのうえで経路を構築することができるようになります。自分たちのオリジナル旅行を楽しめむことができるのが魅力の1つとなるでしょう。

貸切バスは、様々な規模のグループで利用することができます。50人60人といったような大規模グループでの移動に利用できる大型バスやハイデッカーバスがあるのに対して、10名前後で利用することができるミニバスなどもあります。グループの人数に合わせて適切なサイズのバスを選択するようにしましょう。基本的に、大きなバスほど利用料金は高くなってしまう傾向があるため、余剰が大きいバスを選ぶと1人あたりの料金が高くなります。