ハイヤーはタクシーとは一体何が違うのか

ハイヤーとタクシーは、車で目的地に移動してもらえる点では同じとはいえ、両者は細かな点で両者は全く異なります。違いを知らないままで利用してしまうと、利用時に問題が起こってしまいます。しっかりと把握することによって、利用シーンに適した方を選べるようになっておきましょう。まず、ハイヤーはドアが開いたり閉まったりするよう運転手が操作して、お客さんが乗車降車するのとは違い、運転手が手動でドアを開閉してお客さんの乗車や降車を誘導してくれます。そのため、特別感があり、重役などの企業の上層部の移動手段を手配するときに最適です。

大きな違いは料金制度です。ハイヤーが完全予約制であるのに対して、タクシーは街中で乗りたいと思ったときに拾えられればすぐに乗れます。運転手付きの貸切乗用車を指すのが一般的であり、タクシーは路上を走り呼び止められたら載せるという形をとるのが基本ではありますが、ハイヤーは町中で流し営業もおこなっていません。行き先までドアtoドアで運んでくれますし、格式が高く官公庁や一部企業で手配するイメージがあります。

料金は時間制であり、会社を出発してから会社に戻ってくるまでの間が貸し出された時間として換算されます。そのために、乗っていない間の距離も支払いの対象になることを、注意しておきましょう。タクシーなどは、実際にお客さんが車へ乗る場所から車を降りる場所までの乗っている間の距離が支払う対象であるため、それを換算できるメーターを設置しておく必要があります。ハイヤーは時間制なので、どれだけ走行しても距離は関係ありませんが、「道路運送法」によってメーターの設置がされています。基本的にはお客さんの目に入らない位置に設置されていますが、もしもそうではない位置にあったとしても支払い方法に変わりはないので、安心しても良いです。

利用するお客さんの多い都会などでタクシーは、流し営業でもしっかりと利益を出すことが可能です。しかし、田舎の場合は流し営業ではなかなかお客さんが獲得できない状況になってしまうような場合もあり、そのような時に限ってはハイヤーと同じように予約で対応しているケースもあります。そのため、地域によってはタクシーのことをハイヤーと呼ぶこともあります。しかし、車のグレードであったり、運転手がお客さんを乗車させる前に最適なルートをあらかじめ検索しておくことであったりなど、対応面では大きく異なります。地方でハイヤーを利用したいとなった場合は、実はタクシーなのか、何を求めて利用したいのかをしっかりと確認してから利用するようにしましょう。