チャーター便として利用できるハイヤー

ハイヤーという言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、具体的にどのようなサービスなのか分かりやすく説明できる人は少ないです。なぜなら利用した経験がある人の方がずっと少ないからです。ハイヤーは目的地まで車で送ってもらうことができるサービスですが、これだけを聞いてもタクシーと何が違うのか分からないでしょう。

タクシーは良く聞く言葉ですし、普段は乗らなくても旅行先や出張先で一度は乗ったことがある人が多いでしょう。タクシーは街中や駅にたくさん存在しているので、自分が利用したいタイミングでいつでも利用することが出来ます。移動距離に応じてメーターが上がりお金を支払うシステムで、目的地が遠くなれば料金も比例して高くなります。タクシーは古い車でも最新のモデルでも基本的に料金に差はありません。周囲で見かけない時は、タクシー会社に連絡をすれば、無線で連絡をもらった最寄にいるタクシーがすぐに駆けつけてくれます。

一方でハイヤーは、流し営業というものをしていません。流し営業というのはタクシーのように街中を走行してお客さんを探したり、駅前で待機してお客さんを待つような営業方法です。ハイヤーは予約制となっていますので、街や駅前で気軽に乗ることはできません。

ハイヤーは事前に目的地を伝えておけば指定した場所へ届けてくれます。目的地が複数箇所ある場合は効率よく回ってくれますし、それぞれの場所にどのくらい滞在するかはお客さん自身で決められます。もちろん自分達で公共交通機関を利用するよりずっと早く効率的に回ることができます。予約した時間内であれば、どの観光名所に行くか運転手に相談して決められますし、お勧め場所を聞いて急遽変更する、などといった贅沢なこともハイヤーでは可能になります。運転手はその土地を熟知していますので、車窓観光もできて、いわば自分達のチャーター便となります。その上最近はほとんどのハイヤーにWI-FIがついているため、調べものには困りません。予約時に伝えれば軽食やドリンクの用意もしてもらえます。

高級感があるものだという認識をしている人が多いですが、高級感があるように見えるのは用意されている車が高級車であることが多いからです。快適に過ごせる最上級ミニバンをはじめ、普段は縁がないよう外国産高級車もあります。だからこそ、特別な時には利用したいですし、通常のタクシーよりも高級感が味わえます。現在は、グループ観光などでも利用されるようになっています。